風俗に行かない勇気あなたにはありますか?体験談をみていただければわかると思いますが私にはないです!

かわいい風俗嬢に気分が高揚しました

初めて風俗を利用したのは先月です。風俗にはいろいろな店があるので、どの店を使うかかなり迷いました。最終的にデリへルを使うことにしたのは、嬢が家に来てくれるからです。本当は、ソープとかピンサロとかイメクラとか、そういう店に行って利用するタイプの店にも興味があったんですが、自分一人で店を利用する勇気がありませんでした。それで、まず最初は、自分の部屋で気持ちいい体験をしてみようと思ったんです。デリへルに連絡をすると、嬢が僕の部屋に来てくれました。想像以上にかわいい嬢が来てくれて、気分が高揚しました。こんなかわいい嬢がいるなら、これからもどんどん風俗を利用していきたいと思ったほどです。それで、初めてのデリへルの話ですが、かわいいデリ嬢は、いろんなサービスで僕を気持ち良くしてくれました。特に気持ちが良かったのが口でのサービスです。僕は咥えられただけで感じてしまって、どうしようもなくなってしまいました。あまりの気持ち良さにうめき声を出しながら果ててしまいました。

風俗嬢を部屋に呼びました

転勤が決まったときは、単身赴任になるとは夢にも思っていませんでした。家族はみんな私についてきてくれると信じていたんです。でも、実際は違いました。子どもの進学の関係など、さまざまな要因から、私だけがこちらへ来ることになってしまいました。しかし、嘆いてばかりもいられません。仕事は待ってくれませんし、生活もしていかなければなりません。新しい職場での仕事や、家事全般など日々の雑事をこなしているうちにあっという間に半年が過ぎていきました。そしてそれくらいの月日が経過すると、気持ちに余裕がでてくるようになりました。それで、気持ちのいい遊びをやってみたくなりました。その遊びは風俗です。今までは家族と暮らしていたので実行に移せなかった、風俗嬢を部屋に呼ぶという行為をやってみたくなりました。すぐにデリへルからデリ嬢を呼び寄せました。一人暮らしでご無沙汰だったのもあって、嬢とのプレイに興奮しました。体に触れられ、1番敏感な部分を口に含まれたときには我慢ももう限界でした。そのまま嬢の口の中で果てて最高に気持ちがいい瞬間を味わうことになりました。

俺が体験した気持ちが良すぎる風俗

ずっと風俗を利用したいと思ってました。だから計画を練って風俗を利用する日を決めました。軍資金も十分ですし、時間もたっぷり用意してあります。いざ風俗へと思った日に大雨が降りました。イメクラに行くことにしていたのですが、あまりの雨で外に出る気がなくなってしまいました。それで計画を変更してデリ嬢を部屋に呼ぶことにしたんです。連絡したデリへルから嬢が来てくれたときは、雨が降ったことを感謝しました。ものすごく綺麗なお姉さん系のデリ嬢がきてくれたんです。俺のテンションはすっかりあがってしまって、そのテンションのままプレイが始まりました。お姉さんな嬢は、プレイが始まるとものすごく淫乱なんです。信じられないくらい大胆なサービスをされて、俺はもうギンギンです。だから口で含まれたときは、今まで経験したどんな気持ちのいいことよりもすごい快感が襲ってきました。俺はすぐに我慢ができなくなってそのまま果ててしまいましたが、あまりの気持ち良さにしばらく立ち上がれない有様でした。

ピンポイントで気持ち良くしてくれる風俗

俺がここで暮らし始めたのは大学生のときからです。入学と同時に一人暮らしを始めました。そして、卒業、就職後もここで暮らし続けています。一人暮らしのいいところは、誰にも気兼ねなく生活できることです。実家暮らしのときの精神席な窮屈さを感じることもありません。そして、一人暮らしにはもっといいことがあるんです。それは、風俗で遊び放題だということです。特にデリ嬢を部屋にいつでも呼べるというのはポイントが高いです。俺は、ずっとデリ嬢と遊んでみたかったので、一人暮らしという環境に感謝しています。就職してからは、給料がでると必ず風俗を楽しむことにしています。お気に入りの色白でちょっとぽっちゃりしたデリ嬢が、この部屋でいつも俺を気持ち良くしてくれるんです。指名するようになって長いので、嬢は俺の気持ち良いポイントもちゃんと把握してくれています。だから、ピンポイントでものすごい快感を与えてくれて、それでこの嬢がまた好きになってしまうんです。